日焼け対策の重要性

日焼け対策の重要性

最近は紫外線による肌への悪影響が大きく取りざたされていますが、適量の紫外線は骨の形成には大切なものです。

紫外線には、波長の長さによって、UVA、UVB、UVCとわけられ、UVAが一番波長が長く、UVB、UVCの順に波長は短くなります。

紫外線は波長の長さが短ければ短いほど、人体に有害とされています。

最近は、オゾン層の破壊・温暖化により、有害な紫外線まで地上に届くようになってしまいました。

UVCはオゾン層によって吸収されるので、ほとんど地上までは届きませんが、環境破壊が進んでしまっている現在はUVCが地上にまで到達してしまう危険が迫っています。

UVAはUVBの1/100〜1/1000ほどの影響しかないとされていますが、肌の真皮まで到達し、肌の弾力性を支えるコラーゲンを破壊すると言われています。

UVBは人体にとって危険な紫外線とされています。

UVBにあたると、炎症を起こし、酷い時は水ぶくれを起こすこともあります。

またUVBは表皮の基底層まで届き、細胞が損傷を受けることで皮膚ガンの原因となることもあるのです。

紫外線によってシミやそばかす、シワができるのは有名ですが、それだけではなく、免疫機能を弱めたり、白内障の原因にもなります。

そして、上記にあるように皮膚ガンをも引き起こすのです。

これからも、紫外線の量は更に増加するものと考えられます。

我々の自衛策としては、日常生活で紫外線をなるべく浴びないように工夫したり、紫外線対策の肌ケア利用することが重要でしょう。


太陽光発電の相場

 

サイトマップ

3カラム構造